HOME>トピックス>引越しの家具移動をスムーズにするコツをご紹介

目次

冷蔵庫等の中身を取り出す

ライフスタイルの変更や家族構成が変わったときに、これまでの大型家具や冷蔵庫などの配置の必要に迫られることがあります。一人だけの世帯であれば大型家具などを運ぶのは困難を伴いますし、手伝ってもらうことが出来ても移動中に角で曲がれなかったり、壁面を傷つけてしまったりなどのトラブルに遭遇しがちです。移動スペースが限定されていればいるほどこのようなトラブルに遭遇する可能性は高くなり、腰への負担などにもなるので腰痛などの身体上の問題をも引き起こしかねません。このような時は家事代行業者などの家具移動サービスを利用するのがお勧めです。この時出来る限りのことは済ませておくのがお勧め。例えば大型家具では、重量のあるものは事前に取り出しておいて、重量を軽くすることで運搬時に誤って壁面や床に傷つけるような事態を回避することが出来ます。

組み立てや分解は別費用

家事代行業者に家具の移動を依頼するときの費用の相場は、一点だけの場合には6000円ほどになっています。しかしここで大切なのはあくまでそのままの状態で運搬して場所を移動するというサービスの場合と言うことです。移動のために分解や組み立てが必要になれば追加費用が発生してきます。家具の分解や組み立てはそれぞれが4000円ほどになり、例えば分解と組立といった一連の作業が必要になると別に8000円程の費用が必要です。また家具の個数に応じて計算されるシステムになっているので、どれをどこに移動するのかは決定しておくことが大切です。

オプション追加費用に注意

さらに二階建ての住宅で階数をまたいで移動させるときは、オプション料金が必要になります。家具の吊り上げや吊り下げなどの作業が必要になるときがこれにあたります。このようなオプション費用は1万円からになるのが相場です。さらに移動するべき家具の重量が重くクレーンなどを利用すると別途費用が発生することになります。この場合が使用するクレーンなどにより費用はかわります。

広告募集中