墓じまいについて知ろう

墓じまいとは遺骨をどこかに移し、今あるお墓を更地にすることを指します。住んでいるエリアの近くに引っ越す場合から、永代供養や散骨まで移動先は様々です。

墓じまいを自分でやる場合と墓じまいを専門業者に依頼する場合を比較

手続きや調整をしっかりと行う

墓じまいを自分で行う際は関係するところにしっかりと連絡を取っておくことが必要です。親族の同意があることはもちろん、今のお墓の管理者向けの手続きや役場が発行してくれる改葬許可申請が必要なこともあります。トラブル防止のためにも事前に調整しておくようにしましょう。

必要な金額に注意する

業者に依頼すると細かい手続きを請け負ってくれることに加えて、相談に乗ってもらえたり、アフターフォローを行ってくれたりなど様々なサービスがついてきます。料金の中に何が含まれているかを確認し、どこまで依頼するかの判断ポイントにします。

新たな場所への移動

霊園

先祖代々のお墓をしまって、永代供養のお墓などに移動させることを墓じまいと言います。お墓を管理する後継者がいない家庭を中心に行われており、需要が高くなっています。葬儀社などでも墓じまいを引き受ける業者が増えており、必要となる作業をすべて任せる事ができるので安心です。これまで使用していたお墓は解体することになるので、撤去のための作業代がかかります。また、行政的な届け出をする必要もあり、墓じまいするまでにいくつもの段階に手続きが分けられるのが特徴です。遺骨を取り出す作業や、次の永代供養墓への移動までがおおまかな墓じまいの方法となります。移動先としては永代供養墓の他にも、自然の環境に埋葬できる樹木葬の方法や納骨を行うための納骨堂に納める方法などが挙げられます。業者によっては、海に遺骨を散骨する方法を依頼出来るところもあります。

あらかじめプランを確認

専門業者に墓じまいを依頼する際には、次にどのような方法で納骨を行うのか決めておく必要があります。パンフレットには、墓じまいまでの流れやどのような次の納骨方法があるのか詳しく説明されているので、前もって確認すると安心です。予算などから決めたいという場合には、電話で相談を受け付けている業者も多くあります。依頼をしてからお墓を撤去してお骨を取り出すまでにはある程度の日数がかかるので、それらの日にちも計算に入れて新たな場所への納骨のスケジュールをたてておくと安心です。新たな場所へと移動をする前に、骨壷を新しく出来るオプションを用意している業者もあり人気です。また、骨壷を新しくする際には、お骨の洗浄なども行ってから納骨することも出来ます。供養として魂を抜く作業を行う場合には、僧侶などの専門家にも依頼をすることになります。

広告募集中